きっしゃん”の”シリーズ3「きっしゃん”の”築城×お芝居を遊ぼう」

三館合同事業で企画させていただいた、きっしゃん”の”シリーズ。

いよいよ、シリーズ3が最後の企画。各シリーズで工作した、ワニと仮面を取り入れた、お芝居を上演しました。

実は、「かむじゆう」とは違う作品を作・演出するのは、初めて。

しかも、子どもが芝居に参加しないのも初めて。

それなのに、ニットキャップシアターの俳優陣に出演してもらえて、、、

(学生の頃から憧れだった方々でして、、まさか演出する日がくるなんて〜〜)

どーも、たっぷりやり過ぎた、私の”やりたい”を詰め込みすぎた作品となりました。

脇田友さんに撮影いただいた写真と、

飯坂宗麻さんに撮影・編集いただいた映像(5分ダイジェスト版)をアーカイブとして載せます。





~~~~~~

この三館合同事業で2年に渡り、ワークショップと舞台作品の創作をしました。

コンセプトは、岸和田にちなんだものということで、構想を練る時から、岸和田を想い、岸和田を歩き、岸和田を調べ、岸和田を感じてきました。そこで、化石のワニや、子ども好きな制作さん、きしわだ自然資料館、おいしいおうどんやさん、岸和田の文化への熱い思いなどなど、たくさんの岸和田を発見して、大好きになりました。

シリーズ1で作ったワニを、シリーズ3のお芝居で見つけて声を出してくれた子、

ストーリーに織り交ぜた昔話が何かをあててくださった方、

などなど、各シリーズの参加者の方々との出会いも嬉しかったです。

~~~~~~

そして、このシリーズには、”続き”が2つもできました。

続き①

シリーズ1で作ったワニを、きしわだ自然資料館で展示していただきました。

このWSは、きしわだ自然資料館で、ワニの化石の復元図を見て思いついたので、まさか、その資料館に飾ってもらえるなんて!

大昔と今が重なったかのような瞬間でした。


続き②

本作品の台本を、「”関西版”月いちリーディング 第19回」で取り上げていただきました。

なんと、ゲストは

平塚直隆(オイスターズ)さん

ピンク地底人3号(ピンク地底人/ももちの世界)さん

そして、リーディング出演者は、

伊藤駿九郎(KING&HEAVY/theatre PEOPLEPURPLE)さん

木下菜穂子さん

くるぶしさん

白木原一仁(プロデュースユニットななめ45°)さん

友井田亮さん

髭だるマン(笑の内閣)さん

森川万里(桃園会)さん

贅沢な時間でした。

いただいた感想や意見が、まだ心に響いています。