劇場のなぞをとけ!ナゾモン をやっつけろ!パパたこステージ編

2020年2月24日(祝)子午線ホール(明石市)にて、無事終演いたしました=!!


この企画は、

あかしアートフルフェスティバル[主催:(公財)明石文化国際創生財団]の1つとして開催しました。冠は「舞台わくわくワークショップ」。そう、お芝居仕立てのワークショップです。


プロセニアムのホールで、どう子どもたちを巻き込むか、、、

劇場に来たことがない親子に、どうすれば行きたいと思ってもらえるか、、、



思いついたのは、「ご当地」を巻き込むこと!

みなさまのご協力で、ご当地キャラと、ご当地お姉さんズを巻き込むことができました。


明石の子どもたちに親しみがある、パパたこ。

明石の保育園などでも歌ってらっしゃる、WA&O。



このポジションがあるから、お芝居を身近に感じて、緊張が溶けるのが早かったのではと思います。そして、私からのスパイスである「ナゾモン 」を足すことで、楽しくてピリリと怖い体験になったはず!(少し怖いが、味噌なんです!!)



お芝居では、舞台の仕組みをナゾに仕立てて紹介しました。

どうして雪がふるのか。どうして暗い中で明かりがついたら突然役者は現れるのか?、そんなコアな謎を解きました。客席の子どもにマイクを向け話を聞いて、代表で数名に舞台に上がってもらって、舞台の仕組みを実際に体験してもらいます。暗転板付してみたり、サンプラーで音を当ててみたり。


全ての謎が解けたら、パパたこと歌のお姉さんズのコンサートが開演!

みんなも、光るブレスレットをつけて、一緒に歌って踊りました。


1時間ほどお芝居でしたが、子どもたちは積極的に答えてくれて、踊ってくれて。

とても賑やかな公演になりました。


コロナが心配で、消毒やマスクを備えて、幕を開けましたが、

当日に60名も来てくださり、200名を超えるお客様と出会えることができました。


企画当初は、「明石は子ども向け芝居は、来ないんで〜」と不安な声を聞きましたが、

蓋を開けたら、大盛況!!!

明石の子育て世代も、お芝居やアートにご興味があると確信しました。


これからも親子がワクワクするようなことやりたいです!!!

ご来演ありがとうございました。